クレジットカード現金化の危険性とはどのようなものでしょうか?

現金化のリスクのイメージ

カード会社にクレジットカード現金化がバレる危険性を把握しよう

クレジットカードを現金化することは、カード会社の利用規約に反する行為となりますが、必ずしも法律違反とはなりません。

にも関わらず、危険性があるとすればどのようなリスクがあるのでしょうか。

クレジットカードが利用停止となる

クレジットカード現金化業者を利用して、ショッピング枠を現金化したことがカード会社にバレると、利用規約違反としてクレジットカードは利用停止措置が取られるだけでなく強制解約となります。

最も影響が大きいこととして、強制解約となった事実が個人信用情報機関へ掲載されてしまうので、他のクレジットカード会社が途上与信を行った時に、強制解約の事実を知られてしまうことにあります。

今現在他のクレジットカードは通常通り使用出来ていても、次のクレジットカード更新時に更新カードが送られて来ない可能性があります。

また、強制解約時に残債があれば、分割払いやリボ払いが設定されていても全て無効となり、一括返済を求められてしまうことになりかねません。

債務整理方法が制限される

クレジットカード現金化を行った事実は、カード会社にバレない限りはごく一般的なショッピング利用とみなされます。しかし、カード会社に対して返済が滞った時に、購入した賞品を差押手続きに入る段階で賞品が手元に無ければ、クレジットカード現金化を行ったことが白日の下に晒される危険性があるわけです。

クレジットカードが利用規約違反により強制解約となれば、一括返済を求められても払えずに債務整理を行わなければならない状況となります。

ところが、クレジットカード現金化を行った場合には、債務整理方法のうち任意整理と自己破産を行うことは出来なくなります。

なぜなら、任意整理に応じてもらうことが出来ず、自己破産では免責不許可事由としてクレジットカード現金化が含まれているので、破産しても借金返済義務が残ってしまうからです。

最終的に個人再生のみしか債務整理方法が無いという事態になるので、クレジットカード現金化を行う際には、カード会社にバレた時の危険性を認識しておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする