クレジットカード現金化は分割で返済する事は出来ますか?

ショベルカーのおもちゃと1円玉

クレジットカード現金化の支払い方法~分割返済は出来ますか?~

クレジットカード現金化で現金を得る事は可能ですがこの後に返済も待っています。返済は仕方ないにしても金額次第では一括で返すのは難しい、なので分割で負担を減らしたいと考えている事もあると思います。

実際の所分割返済でも現金化は出来るかと聞かれたら出来ます。

借入じゃないのでどの様に返済するかはお客様次第

まずクレジットカード現金化は業者が指定する商品を購入し商品を業者が査定し買い取る形で現金を得る物、つまりはリユースショップや金券ショップ等で物を売るのと変わらない為借入ではありませんが商品自体は購入しなければならないので当然その分のショッピング枠は利用する事になり返済があります。

けれど業者からすると商品を買って頂ければ後はお客様に対してどの様に返済するかまでは介入して来ないので返済に関しては完全に一任しています。

なので一括が難しい金額ならばこちらで分割やリボ払いにしても構わないと言う事になります。

サイテーション:安全安心クレジットカード現金化優良店を比較!口コミあり https://genkinka-map.net/

返済変更を行うには自分で変更しなければいけない

しかし一任していると言う事は返済方法の途中変更の手続きは自分自身で行わないといけないので手続きをしない限りは購入時に指定した返済方法のままになってしまうので自分自身でカード会社へ変更手続きを取らないといけません。

利息も別途で掛かってくる

分割やリボ払いを選んだ場合、使用した分の返済とは別に利息も支払わないといけません。一括返済や二回だけの分割払いなら利息がかかりませんが3回以上からになると利息がかかってくるので余分に返済しないといけなくなり圧迫させられる原因にもなります。

クレジットカードを持ちながらノートPCを操作する女性

リボ払いは長引く可能性もある

同じ分割返済でもリボ払いを選んだ場合、利息に加えて支払い完了まで長引く可能性が高くなります。リボ払いは毎月の返済額を固定できるので返済が楽になりやすい反面長引けば長引く程払う手数料も多くなり返済で出費が圧迫されてしまいます。

更にリボ払いの途中でもショッピング枠は空いてる限りは使えるのでその状態で使うと更に追加で払わないといけなくなるので繰り上げ返済しないで少額の返済で分割返済を続けていると長引く+利息で終わりが見えない状態に陥りやすいです。

もしも分割返済を途中で怠ったら…

途中で返済が追い付かなくなり自己破産に陥ってしまうカード所有者も多く見かけます。そうなってしまうとペナルティーでカードの強制解約に加えて延滞や遅延で信用情報に傷をつけた事になり個人信用情報機関に登録、所謂ブラックリストの仲間入りをしてしまうので新規にクレジットカード作成やローンを組んだりが難しくなります。

クレジットカード現金化利用後の返済でも分割が出来るので便利な反面一歩間違えると破産へまっしぐらとなってしまうので現金化を利用する際は返済計画をちゃんと練って安全に利用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする